リビジョンよ、さようなら!

こんにちは、明人です。


私のブログにお越しいただき、
ありがとうございます。


さてさて、最近、ブログ構築のため、
毎日WordPressや賢威と向き合いっぱなしで、
ちょっとパソコンもお疲れ~(+o+)


って感じになってきたので、
かなり重くて、動きが鈍い(-_-メ)


そこで、いろいろ調べてたら、
「リビジョン」なる言葉を発見!


Revision11


「リビジョン」って何???


またまた、はてなマークだらけになっちゃった。


そこで、Google先生の出番です!(^^)!


おーーーーっ!出るわ出るわ。
なるほどなるほど、そういうことか。
だから、パソコンの動きが鈍かったのかー!


納得!
実は、WordPressで記事を作成していると、
下書きに保存する度に、
毎回毎回保存されたまま、
積み重なっていたのです。


そこで、どうすれば解消できるのかなーって、
調べてたら、


・「wp-config.php」で設定する
・プラグインで設定する



のどちらかが良いみたい。


でも、「wp-config.php」の欠点は、
設定以前のリビジョンは削除できない
ということだ。


でも、プラグインも入れすぎると重くなるし。


どーするべ(+o+)


そこで、やっぱりグーグル先生!
またまた登場。


そしたら、なんとあったではないか。
優れものが・・・


・過去リビジョン削除
・リビジョン保存数調整
・データベース最適化



この3つが揃ったプラグインがあったあった。
実は、この3つは別々のプラグインが必要だった。


ただ、海外製(オランダらしい)なので、
インターフェースが英語のままだ。
でも、設定は簡単らしいので、
思い切ってインストールして使ってみる。


もうインストールは分かるよね。


念のため、
WordPressのダッシュボードへGO!


「プラグイン→新規追加」をクリック。
検索窓に
「Optimize Database after Deleting Revisions」


と入力、検索


Revision01


すると一番初めに出てきたので、
「今すぐインストール」をクリック。
「プラグインを有効化」をクリック。


インストール完了。


続いて、設定をしよう。
設定は簡単なので、ご安心を。


「設定→Optimize Database」をクリック。


Revision04


Revision05


Maximum number of-most recent-revisions
to keep per post/page

リビジョン管理数の上限を設定。
「0」にすると全てのリビジョンが削除。
さすがに「0」だと不安になるので、
「5」にしてみた。


Delete all trashed itemes
「ゴミ箱」に入った項目を削除


Delete all spammed
「スパム」に入った項目を削除


Delete unused tags
使用しないタグを削除


Delete expired transients
WordPressで使用される内部キャッシュを削除


Keep a log
ログデータを保存


Scheduler
データベース自動最適化の間隔を指定。
「指定なし」~「週1回」までの間隔を指定。
「週1回」を選択。
「時間」はアクセスの少ない時間帯を選択。


Show ‘1-click’ link in Admin Bar
管理画面にリンクを表示。
特に必要ありませんが、お好みでどうぞ。


Show an icon in the Admin Menu
管理画面にアイコンを表示。


ここまで一通りチェックできたら、
「Save Settings」をクリック。


Revision06


それでは、リビジョンの削除と
データベースを最適化してみます。


「設定→Optimize Datebase」をクリック。
一番したの、「Go To Optimizer」をクリック。


Revision08


「Start Optimization」をクリック。


Revision09


すぐに画面が切り替わり、
削除されたリビジョンの詳細や数が
レポートとして、結果が表示されます。


その下に、最適化されたテーブルの詳細。


最後に、最適化前のデータベースサイズと、
削除サイズ、最適化後のサイズを表示。


Revision10


なんと、60%も削減できました。


これで、これからはリビジョンの心配もなく、
定期的にデータベースを最適化してくれるので、
安心です。


是非、リビジョンの管理と、
データベースの最適化目指して、
「Optimize Database after Deleting Revisions」
使ってみてください。


分からなくなったら、いつでもご相談ください。
解決できるまで、お手伝いさせていただきます。


よろしくお願いします。


では、今日はこの辺で・・・


最後までお付き合いいただき、
ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

お気軽にご質問ください!



わからないことやお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ